9月06日A年 年間第23主日 
 マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネ、4つある福音書の中で「教会」という語はたった三回しか出てきません。
そのすべてがマタイ福音書にあり、そのうちの二回が今日の福音にあります。もう一回は、イエス様がペトロの上に教会を建てると言われたところで使われています。
「教会」は、ギリシア語の「エクレーシア」を翻訳したものです。ギリシア語の「エクレーシア」は、もともと市民の集会を指して使われていた単語です。
 新約聖書では、使徒言行録やパウロの手紙に「教会」がよく使われています。聖霊降臨の出来事を通して、復活したイエス・キリストに対する信仰をもった人々の集まりが「教会」になりました。パウロは、同じ信仰を持った人々の集まりを「教会」と呼んでいます。教会は集会あるいは会衆全体を指すのであって、建物を意味していないことは明らかです。
 今日の福音書に出てくる「教会」も建物ではなく共同体をイメージしていることは明らかです。
その教会は、信じている者の二人が「地上で心を一つにして求める」ところにあり、「二人または三人がわたし(イエス)の名によって集まるところ」に存在するのです。
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴って、教会はミサをはじめとするほとんどすべての活動を止めなくてはなりませんでした。日本の教会だけではなく、世界中の教会で同じことが起こりました。イタリアのある教会では、一人ミサを捧げる司祭の前には、信徒の写真が席に貼られていました。これまで私たちは、毎週教会に集まってミサを捧げ、様々な集まりを行ってきました。それを私たちは当たり前のことだと思っていました。なくなるなんて思ってもいませんでした。
 みんなで集まってミサができなくなる、いろいろな集まりが中止になる中で、私たちは新しい問題に直面したのです。その問題を一言でいうならば、「教会」とは一体何なのだろうか、です。みんなが一緒に集まることができない状況の中で、「教会」をどのように維持してゆくべきなのか。そもそも「教会」とは一体何なのだろうか。思ってもみなかった深刻な問題が突き付けられたのです。
 ミサのインターネット配信、Zoom を使った会議、講座や講演会のインターネット配信、いろいろな試みが行われてきました。先ほど例に出したイタリア人司祭のチャレンジもその一つでしょう。しかし、いまだに明確な答えは見いだせていないと思います。 話は変わりますが、新型コロナウイルス感染症が問題になる前、私は教会に来ることができない病者、老人をよく訪問していました。今もできる限りチャレンジしています。老信者の自宅を訪問すると、家庭用祭壇があり、十字架やマリア像が飾られています。朝晩、祭壇の前で手を合わせて祈っておられます。食卓には食前の祈り、食後の祈りがあります。ベッドにはロザリオがさりげなく置いてあります。病院や施設では、ある程度制限があるので、限られた場所を使って家族の写真と信仰に関するものが置かれています。みんなそれぞれがいる場所を祈りの場にしていることがよくわかります。私はいつもそれらを眺めながら、「ここが教会なのだ」と感動していました。
 今日の福音の中に新型コロナウイルス、あるいはこれから襲ってくる未知の病気の中で、聖堂という場所に集まることのできない私たち教会が目指す答えがあると思います。それは家庭を教会にするということです。家庭を祈りの場にします。そして、家庭を結び合わせることでつながってゆくのです。これが新しい教会のイメージです。
 新しい教会の姿は、まだイメージでしかありません。しかし、一歩を踏み出そうではありませんか。 「二人または三人がわたし(イエス)の名によって集まる」教会を作るために。

9月13日A年 年間第24主日 
 ペトロのよいところは、何でもイエス様に直接質問するところです。イエス様はペトロの質問を使って、他の弟子たちにも教えを述べられます。ペトロの質問に対して「あなたに言っておく」と答えていますが、たとえ話の最後には「あなたがたの一人一人が」と複数形になっているところから、ペトロに答えられた後、そこにいたほかの弟子たちにたとえを話されたことがわかります。
 ペトロは、弟子たちの話の中で話題になった「兄弟を赦すこと」について、弟子たちを代表してイエス様に質問したのかもしれません。
 私たちはよく「仏の顔も三度まで」と言います。これは「温厚な人でも無礼を繰り返せば怒り出す」という意味です。同じように、ペトロや弟子たちに対して執拗に無礼を働く人がいたのかもしれません。イエス様は、神様の優しさや赦しについて話していましたし、実際罪びとを無条件に赦す姿をたびたび見ていましたから、
どれくらい我慢したらよいのかと弟子たちは話し合っていたのかもしれません。そこで、ペトロがイエス様に質問したのです。
 日本人は三度まで、その倍以上の7回ならどうだろうか?「我慢強いね!それで十分だ」とイエス様に言ってもらえるかもしれない、そんな風に思いながらペトロは質問したことでしょう。しかし、イエス様の答えはペトロの予想をはるかに越えるものでした。七の七十倍、掛け算すると490回というとてつもない回数赦さなければならないのです。それも一人の人に対してです。無限にゆるし続けなさい、それがイエス様の答えでした。
 ペトロはじめ弟子たちは、自分たちの予想をはるかに越えるイエス様の答えにびっくり仰天したはずです。その時には、イエス様の言葉の真意を理解できなかったことでしょう。弟子たちは後に、十字架の上から自分を死刑にした人々を赦すイエス様の姿を目撃しました。さらにイエス様が捕まるときに見捨てて逃げ出し、イエス様の仲間であることを否定した自分たちを、復活したイエス様は自分から近づいてきて赦してくださったのです。なんとすごい赦しを自分たちは受けたのでしょうか。神様の無限の赦しに触れた瞬間でした。あの時に聞いたイエス様のたとえ話の意味を心から理解したのです。そして、ペトロたちはその体験を伝えると同時に、実践する人になっていったのです。ところで、カトリック信者はまじめな人が多いので、イエス様から「赦さなければ」と言われると、それをきっちり守ろうとします。そして、まじめに努力します。「赦さなければ」「赦さなければ」と頑張ってしまうのです。でもそれは逆効果では?赦そうと思えば思うほど、赦せない気持ちが強くなりませんか?赦そうと思うだけで赦してしまえるなら、もともと赦すのが難しいことではなかったのです。赦せないという気持ちが強いから赦せないのです。どれほど呪文のように「赦そう」を繰り返しても、決して赦せないでしょう。
 だから、素直に「赦せない」自分を認めるところから始めてみてはいかがでしょうか。そう思いませんか?ペトロや弟子たちでさえ、イエス様の十字架を通した神様の赦しの業に出会うまで、赦せる人間にはなれませんでした。まして私たちは、そんなに簡単に人を赦せるわけはありませんね。そんな私たちですが、神様の赦しの業に触れることができれば、変われるのではないでしょうか。「赦さなければ」と無理をするよりも、「私が赦せる人間になるためには、神様の赦しの力が必要なのです。助けてください」と祈ると、不思議に気が楽になりますよ。

9月20日A年 年間第25主日
 今日の第一朗読ではイザヤの預言読まれました。「天が地を高く超えているように」「私の思いはあなたたちの思いを、高く超えている」という神の言葉がありました。神の考えることと、人間の考えることは違うのです。天と地の間に決定的な違いがあるように、神が考え実行することと、人間が考え実行することの間にも大きな違いがあるのです。
 福音書のメッセージを読むと、確かにそうだと思うことがあります。たとえば、英雄のようなローマからイスラエルを解放する解放者としての救い主を待っていたら、実際に来たのは、すぐに捕まって殺されてしまう救い主、イエスでした。人間の願いと神の思いとの決定的な違いが現れています。
 今日の福音の話も常識外れです。朝早くから一日汗を流した人と、夕方来て少し働いた人の賃金が同じとは。普通だったら朝早くから仕事していた人はやっていられないと思うでしょう。しかもその理由が、自分の金を使うのだから自由だと言われては納得できないでしょう。本来だったら通用しない理由です。ここで「わたしの気前よさをねたむのか」という言葉をよく考えてみましょう。このぶどう園の主人は、後から来た人に最初から働いている人と同じ報酬を払いました。しかし、最初から働いた人にも十分報いていると考えられます。そうであるなら、早くから来た労働者から見れば、ぶどう園の主人の思いは理解できないかもしれませんが、文句を言うのもおかしいとも言えます。ぶどう園の主人は、自分のもとに来た者、全員に十分な報酬を渡したかったのです。そう考えると、ぶどう園の主人がしようとしていることは、悪いことではないと思えます。
 今日の福音、イエスがこのたとえを誰に向かって話しているかによって解釈が変わってきます。イエスが弟子に向けて語られたとしたら、「神はすべての人に永遠の命を分け与えたいのだから、あなたがたが他の人よりたくさん働いたからと言って特別な地位が与えられるのではない」ということになります。誰が一番かと争うような所のある弟子たちには、耳の痛い話かも知れませんね。
 イエスに敵対する律法学者やファリサイ派の人々に向けられたたとえだとしたら、このように考えられるでしょう。「あなたがたは、神からの言葉を預かる恵みの分配者だと自認しているが、あなたがたは神さまの思いがわかっていない。神さまはすべての人を救いたいのだ、しかし、あなたがたは神への貢献、すなわち献金の額、奉仕の働き、断食、律法の遵守に応じて恵みが変わると言っている。それはおかしい。神の恵みは神が配分するもので、人間が決めることはできない。誰が天の国に入るのか、どの順番で入るのかも神が決めるのだ。そこを間違ってはいけない」その様に警告していると考えられます。
 五時から来て一時間しか働かなかった人、あるいは自分がそのような存在だと思っている人がこのたとえを聞いたら、どのように感じるでしょうか。きっとこの主人の寛大さに感謝するでしょう。そして、この主人に報いようという気を起こすのではないでしょうか。
 イエスがこのたとえを誰に語ったとしても、神の恵みの分配者は神ご自身である点は変わりません。私たちに求められているのは、神が必ず私たちを救おうとしていることを信頼し、それを信じて、神から差し出される救いの手に「ハイ!」と答えて救いの手を握り返すこと、それだけなのです。いつでも答えることができますように、祈りましょう。
 

9月27日A年 年間第27主日 
 念仏詩人、榎本栄一の「わが暗闇」の詩に、「わがこころの 暗闇に気づいたら 遠くで小さな星が光ります」というのがあります。とても深い心情をうたった詩です。心にある暗闇に気づいて打ちのめされそうなとき、そのはるか向こうに輝く小さな星の光、それは希望と言えるかもしれません。その光を頼りに再び歩みだすことができるのです。
 今日の第二朗読、パウロの手紙に「2:6 キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、2:7 かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、2:8 へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。」とあります。
イエス様の歩んだ人生が、短く、しかも的確にまとめられています。死に至るまでの従順、それは父なる神に対する従順でした。
 イエス様の心には暗闇はありませんでした。しかし、人々の心にある暗闇は見えていました。そこで、小さな星の光となるべく、父の命令に従い神である自分を捨てて人々のために命を捧げられたのです。イエス様は、父の命令に「はい」と答え、そのままブドウ畑へ出かけて行かれたのです。
 先週のぶどう園で働く労働者のたとえに引き続き、今週も「ぶどう園に向う兄と弟」が登場するたとえ話が、イエス様によって語られます。父から「今日はぶどう園に行って働きなさい」と言われた兄弟が、兄は「いやです」と答えながらも「考え直して」出かけてゆきます。反対に「はい、わかりました」と答えた弟は行きませんでした。前後の文章の流れから、「兄」は徴税人や娼婦、「弟」は(イエスと敵対する)祭司長や長老たちを指しています。
 たとえの兄とされる徴税人や娼婦は、神様からの呼びかけに「はい」と答えることができないような自分たちの状況を、悔やみ後悔していたのでしょう。洗礼者ヨハネが示した義の道によって、自分たちのこころにある暗闇に気づいたのです。それゆえにイエス様の姿に小さな星の光を感じ取ったのです。
 一方、たとえの弟とされる祭司長や長老たちは、自分たちこそ神様の命令を従順に実行していると信じ切っていました。心に闇を持つ人々を導く大きな星の光であると思い込んでいたのです。それゆえに自分たちのこころにある暗闇に気づくことはありませんでした。洗礼者ヨハネの示した義の道にも反応することができず、イエス様に小さな星の光を見ることもありませんでした。 今日のたとえ話の中心は「父のために考え直す」ことです。つまり、自分中心ではなく「父」を中心に気持ちを動かしたという「行ない」が大切なのです。 この兄一人がぶどう園に行って働いたからと言ってもどれほどの手助けになったかはわかりません。 弟一人がさぼったからと言ってもどれほどの損害が生じたとも思えません。 ぶどう園に行ってどれくらい働いたかではなく、「父」を自分より優先するという行ない(自己譲渡)が大切だったのです。
 イエス様は、父の思いをよく理解し行いで従順を示しました。徴税人や娼婦たちは、自分たちのこころにある暗闇によって、父の思いを理解し生き方を変えることができました。祭司長や長老たちは、心にある暗闇に気づかなかったために父の思いを生きていると思い込んで、結局、思い込みを考え直すことができませんでした。
 私たちが、イエス様の後に従って、父の思いを生きるためには、自分のこころにある暗
闇に気づくほかないのではないでしょうか。

2015_back_1.gif