09月05日「週報より」
東京2020パラリンピックが開催されています。連日、アスリートの躍動に感動しています。どの選手もものすごい努力を重ねて出場されています。なかでもアーチェリーの岡崎愛子選手は、JR宝塚線脱線事故の時、一両目に乗っていて大けがをされました。長い入院を経て退院した後、自分にできることを見つけてチャレンジしてきたそうです。そして、パラリンピック出場を目指してアーチェリーにも挑戦されました。矢を10メートル飛ばすのに3年、50メートル先の的に届くまでさらに1年半かかったとのこと。あきらめずに続けてゆくこの忍耐はすごいです。しかし、カウチポテトでそれを見ているだけのわたしには、とても真似はできないと思い知らされるだけでした。
 
09月19日「週報より」
「聖書よもやま話」を一年間続けてきました。日曜学校などが行えないので、せめて子供たちに主日のメッセージを届けたいと思い、YouTubeでの配信を始めました。手探りでしたが、少しずつ機材を整え、配信の方法も工夫してきました。今年からは大人のための配信に切り替えて、内容も詳しくしました。ここまで続けてこられたのは、支えてくださったスタッフのおかげです。原稿の校正、フリップの絵の作成、フリップ作成。収録、楽器演奏、YouTubeへのアップ、毎週たくさんのスタッフが活動してくださいました。心から感謝を申し上げます。10月から始まるNHK文化センター梅田教室の講座でも、スタッフの力を借りなければなりません。実は、「聖書よもやま話」の配信を続けたかったのですが、私の力量不足から両立することはできないと判断しました。NHKの講座視聴申し込みをよろしくお願いします。
 
09月26日「週報より」
世界難民移住移動者の日は、各小教区とカトリック施設が、国籍を超えた神の国を求めて、真の信仰共同体を築き、全世界の人々と「ともに生きる」決意を新たにする日として制定されました。日本に避難してきた難民・移住者は、ひどくつらい目に遭ってきました。教皇フランシスコは、「両手を広げて受け入れる」ように呼びかけておられます。今年のメッセージで教皇は、「まさしくわたしたちは皆同じ船に乗っており、わたしたちを隔てる壁をなくすため、もはや『あの人たち』ではなく、ひたすら人類全体と同じ広さであるところの『わたしたち』となるべく専心するよう」招いておられます。日本全体で、世界から来る人々を「わたしたち」として迎えることができるよう、祈りましょう。

 

2015_back_1.gif