10月04日A年 年間第27主日 
 秋になると、日本中でお祭りが行われます。今年は新型コロナウイルスの影響で、ほとんどのお祭りが中止になってしまいました。寂しいことです。秋祭りと呼ばれるお祭りは、農作物の収穫をお祝いする行事です。一年間健康で働くことができたことを感謝し、農作物が豊かに実ったことを神様に感謝します。
 神様が太陽の日を注ぎ、雨を降らして作物を成長させてくださいます。人間は額に汗して働きます。種をまき、水をやり、一生懸命世話をします。祭りは、神様と人間が一緒に働いて得た収穫を一緒に祝うのです。もちろん、人間がどんなに努力しても、台風や大雨による洪水、さまざまな災害によって実りを失うことはあります。
祭りには、そのような災害に遭わず無事に農作物を収穫できたことへの感謝もあるのです。 神様は日々、人間に恵みを与え続けています。その恵みによって作物は成長することができます。人間はその恵みを受けて、汗を流して農作業を根気よく続けます。作物に決定的なダメージを与える事態とも戦います。神は、そのように苦労して手に入れた実りを、人間と一緒に味わい、お祝いしたいのです。神様は人間と一緒に、収穫を喜びたいのです。
 ところで、台風や大雨による洪水、様々な自然災害も長い目で見れば収穫に欠かせない要素であります。台風は、強い風で農作物を根こそぎ倒しますが、一方では大量の雨を降らせ水不足を解消します。また、台風のかき混ぜ効果と言うのもあります。たとえばサンゴは25~30度の海水温が生きるのに適当な温度です。それより高くなると死んでしまいます。そうなると、サンゴに住む魚が減り、それを食べる魚も減ってゆきます。その結果、生態系のバランスが崩れてしまいます。台風が来て、海の水をかき混ぜると、海面の暖かな水と深いところにある冷たい水がかき混ぜられ、サンゴにとって良い温度になります。また洪水も、肥沃な土地を作り出してきました。このように人間にとってマイナスだからと、それを神様からの恵みではないということはできないと思います。この世界のすべては、神の深い配慮のもとにあるのです。人間がそのすべてを知ることも、コントロールすることもできないのです。さらに、神さまは、家を造るプロである大工が見捨てた石から家を建てるための親石を作れます。同じように、宗教的なプロが見捨てた人(イエス様ですが)や事柄(十字架などです)から救いの業を起こすことができるのです。
神のひとり子として、この世に送られてきたイエス自身も、十字架につけられてムダに死んでしまったようですが、その十字架が実は神の救いの業そのものだったのです。神は、人間が小さなことだと見逃したり、つまらないことだと見捨てたりしたことのなかに、大きな救いの業を忍ばせているのです。神様はその救いの業の実りを人間と一緒に喜び祝いたいのです。すべては神様からの恵みであることに感謝し、神様と人間が一緒になって喜びあえる世界を作ってゆきましょう。
 
10月11日A年 年間第28主日 
 先日、久しぶりに結婚式の司式を行いました。新型コロナウイルスの影響で、問い合わせはあったものの、ほとんどがキャンセルになっていました。このカップルは、申し込みの時から何があっても結婚式を教会で挙げるとの強い決意を持っておられました。準備の時間も結構ありましたので、相談しながらオリジナリティあふれる式にしてゆきました。当日は、久しぶりに聖堂に聖歌が響き、とても良い式になりました。式の後、お二人は結婚披露宴のため大阪市内のホテルへと向かわれました。
 今日の福音には、王子の婚宴のたとえ話が出てきます。教会で結婚式を挙げられた二人と全く違って、悲惨な話の展開になっています。イエス様はなぜこのようなたとえ話を語られたのでしょうか。
 まず、王子の婚礼はどのようなものであったかを考えてみましょう。どのような宴会だったかは、第一朗読、イザヤの預言に描かれています。神様が開かれる宴会は、救いが訪れたことを祝う喜びの宴です。ごちそうと素晴らしいお酒が用意されています。それ以上に、この宴会で祝われることは、素晴らしい救いの業なのです。布にくるまれるような圧迫が取り除かれ、死が永久に滅ぼされ、すべての人の涙をぬぐわれ、笑顔を取り戻すことができます。民の恥を拭い去ってくださるのです。宴会に呼ばれた人々に、これ以上ない幸せが約束されているのです。
 このような素晴らしい喜びの婚宴が開かれようとしています。しかし、イエスが語るたとえ話では、招かれた人々が宴会に参加しようとしません。どんなに大変な理由があって断るのかと思えば、畑に行くとか商売する、日常生活を続けるだけです。それどころか知らせを無視し、知らせに来た王の家来を虐待し殺してしまいますから、敵対しているのです。これでは王様が怒って報復するのも無理はありません。王は家来に善人でも悪人でもだれでも招きなさいと命じます。
 ところで話は変わりますが、私が神学校で学んでいたころ、こんなことがありました。ある日、神学生がそろっている前で院長が服装の大切さを話していました。
ある教会で葬儀があり、それを司式した神父がなんとジーパンとサンダルの上に祭服を着ていたらしいのです。祭服の間からそれははっきり見えます。参列者は大変怒ったそうです。だから、服装には気を遣うようにとの訓示でした。ところが次の日、神学校に来た神父が祭服の下に着ていたのが、短パンとサンダルだったのです。
私たちは院長の顔を見ました。苦虫をつぶしたその顔を忘れることができません。その時から、私は教会において服装には気を配るようにしています。高価でなくても、場の雰囲気に沿った服装をするように心がけています。
 日本は学生から始まって、制服をよく着用する国民だと思います。制服に着替えるとき、同時に心も整え準備しているはずです。制服を着るとその役割に徹するようになります。制服を着ると、その制服に向けられた期待を裏切らないようにしようと、自然に思うし行動するようになります。

 イエス様のたとえ話には、礼服を着ていなかった人が王様から追い出される様子が描かれています。急に誘われたのだから、礼服を着る時間がなかったのかと思いますが、他の参加者は礼服を着ているわけですから、それは当てはまらないと思います。礼服も王が用意していたのかもしれません。この男は、王に礼服を着ない理由を返事できませんでした。
 王子の婚礼、それは神の国に招かれることですが、参加するためには礼服を着るようにそれにふさわしい準備、心構えが必要になるのです。私たちにとっても、神様からの呼びかけに応えるためには、それにふさわしい準備を整えることが欠かせません。

10月18日A年 年間第29主日 
 ファリサイ派の人々はイエスを罠にかけようと、本来そりの合わないヘロデ派の人々に声をかけてイエス様のもとへ行きます。そして「皇帝に税金を納めるのは、律法に適っているでしょうか、適っていないでしょうか」と問いかけます。
 ヘロデ派、聞きなれない人たちです。なぜファリサイ派の人々は、わざわざヘロデ派に声をかけたのでしょうか。そこに、「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に」との、イエス様の答えの真意を解くカギが隠されているのです。
 その前に、第一朗読に登場するキュロス王についてみてみましょう。キュロスは、アンシャンの王カンビュセス一世の子で、ペルシア帝国初代の王です。長くイスラエルを支配していたバビロンを紀元前539年に征服しました。翌年、「キュロスの勅令」を出して、バビロニアに捕囚されていたユダヤ人のエルサレム帰還を許しました。また、被征服民の宗教的な自由を認め、エルサレム神殿の再建を許可しました。
 捕囚の地にいた第二イザヤはキュロス王に期待をかけます。そしてついに、キュロス王こそ主(なる神)から油を注がれた人なのだと宣言します。つまり、キュロスこそ神から遣わされた救い主だと言ったのです。キュロスは異邦人です。救い主(メシア)は、ユダヤ人から出ると固く信じていた人々にとって、決して認めることができない発言です。しかし、キュロス王のおかげで、捕囚を解かれ、大切な神殿を取り戻すことができたのも事実です。
 神様の選びは不思議で、自由なのだと思います。神を信じない人々を使ってさえ救いの業を成し遂げられるのですから。
 福音に出てくるヘロデ派は、ヘロデ王家を支持する人々です。ヘロデ王家とは、何でしょうか?ローマ帝国が勢力を拡大し、イスラエルはその属国になります。
その時、ローマとの間をうまく動いて、イスラエル全域の王に認めてもらったのがヘロデ大王でした。彼はイドマヤの出身で、純粋なユダヤ人ではありませんでした。
ヘロデ王は、都市や劇場、宮殿などの建設事業に熱意を傾け、紀元前20年ころに始まったエルサレム神殿改修工事は、王の死後も続けられました。完成するまで46年かかったと言われます。ユダヤ人の心のよりどころである神殿を改修し、経済的繁栄をもたらしたということで、ヘロデ大王は人気を博していました。王の死後、三人の息子が各地方を分割して統治するようになりましたが、ローマはその息子たちを王にすることはせず、総督を送り直接統治するようになりました。それでもヘロデ王家は一定の力を持ち続け、その一家を支持していたのがヘロデ派だったのです。
 ヘロデ派の人々は、ローマ皇帝やヘロデ王あるいはヘロデ家の人が救い主であるとまでは考えていませんでした。しかし、キュロス王のように異邦人の王が神殿を再建してくれることがあることは認めていました。ローマ帝国の支配を認めず、その手先であるヘロデ家を支持しないファリサイ派の人々は、そのようなヘロデ派を批判し反目していたのです。
 その両者が、イエスを排除しようと結託して、イエス様の前に現れたのです。イエス様はその両者に「偽善者たち」という鋭い言葉を投げかけます。偽善者とは、神に心を向けようとしないかたくなな人という意味なので、「背神者」という方がいいでしょう。ファリサイ派もヘロデ派も立場の違いはあるけれど、ヘロデ大王による再建された神殿をよりどころとし、利権を自分のものにしています。しかし、神から遣わされた油注がれた救い主であるイエス様を認めようとしません。そのかたくなな心に「偽善者」という言葉をイエス様は投げかけられたのです。
 イエス様は、神からいただいたすべてのものを神のために使いつくしました。十字架の上では、すべてを神に返されたのです。「神のものは神へ返しなさい」このイエス様の言葉は、イエスの生き方そのものを凝縮しているのです。そして、ローマ皇帝の権威を受け入れるのに、真の神の子イエスを認めない人々の本質を突く言葉だったのです。
 
10月25日A年 年間第30主日
 祈りの最初と最後にする十字架のしるし。イエス様がかけられた十字架は縦の木と横の木の組み合わせでできています。縦の木は神様への愛、横の木は人々への愛を示します。その中心にイエス・キリストがいらっしゃるのです。十字架上でイエス様は、「あなたの神である主を愛しなさい」と「隣人を自分のように愛しなさい」との愛の掟を自らの姿でお示しになったのです。
 その前の晩、最後の晩餐の席上で、イエス様は「世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれ」、その愛を示すために突然席を立ち、上着を脱いで手ぬぐいを取って腰に巻いて、たらいに水をくんで、12弟子たちの足を洗い始めました。一人一人の足を洗うと、腰にまとった手ぬぐいで拭きました。ここでイエス様は、愛するとはどのようなことなのか、身をもって示されたのです。
 今日読まれたマタイ福音書では、ファリサイ派の律法の専門家がイエス様を試みようと質問しています。ファリサイ派は人々に、律法は神から与えられた神聖な法であり、そのすべてを言葉通りに守るように教えていました。どれが優先されるかなど優先順位をつけることは、もってのほかでした。もしイエス様が、律法に順位をつけたら、神が与えた神聖な法に大切なものとそうでないものがあると区別したと批判できるのです。そして、神に対する冒涜の罪を問えるのでした。その罠を見抜いていたイエス様は、律法の中から一番重要なものを選ぶのではなく、旧約聖書を要約するかたちで「神への愛」と「隣人への愛」を提示したのです。
 イエス様は「神様を愛すること」と「隣人を愛すること」の掟を律法の精神を現しているとして宣言しました。また、この掟が一つのものであると決定的に宣言されたのです。第一の掟と第二の掟はコインの両面のようにどちらかだけということが不可能なものです。隣人愛を無視して神様を愛することは不可能ですし、神様を愛すること無しに深い隣人への愛は生まれないからです。イエス様は、第一の掟と第二の掟が一つであることを、十字架に付けられることを通して明らかにされたのです。
 さらに、イエス様が弟子たちの足を洗ったように、愛には奉仕が伴うことも示されました。十字架のイエス様は両手両足を釘で打ち抜かれていました。愛には、血を流すような痛みと苦しみが伴うことも示されたのです。
 イエスに悪意の質問を発したファリサイ派の人々は、律法の細かい規則にこだわりすぎて律法の源泉である愛を忘れてしまっていました。私たちもまた、「見えざる神への愛は見える人間を愛する道をたどること」を忘れてしまいがちではないでしょうか。イエス様はご自身が示された神と人への愛に、私たちを招いておられます。

 

2015_back_1.gif